フェライト磁石

フェライト磁石の特長

フェライト磁石は酸化鉄を微粉末にして、成型・焼結して作られた磁石です。
特定方向にのみ磁力が強い磁石が異方性フェライト磁石です。
異方性フェライト磁石は価格がリーズナブルなため、あらゆる用途に幅広く利用されている現在最もポピュラーな磁石です。

比較的安定な磁気特性を有し、錆びに強いのが特徴です。

マイナス30℃以下の環境で使用する場合は低温減磁に注意する必要があります。

また、機械的強度が低く、陶器のように割れやすいので取扱いには注意が必要です。

フェライト磁石

こんなところにフェライト磁石

フェライト磁石は世界中で最も多く使用されており、多様な使い方をされています。

ネオジム磁石やサマコバ磁石に比べ、コストパフォーマンスに優れており、比較的磁気特性が安定しているので屋外でも使用されます。

学校の授業で使用されるU字の磁石や、黒板などに印刷物を挟むボタンマグネット、スピーカーや汎用モーターなどに使用されています。

温度差による減磁曲線比較

フェライト磁石 SC28
温度差による減磁曲線比較

フェライト磁気特性

グレード 残留磁束密度(Br) 保磁力(Hcb) 保磁力(Hcj) 最大エネルギー積
(BH)max
温度係数
(αBr)
キュリー温度
(Curie Temp)
kG mT kOe kA/m kOe kA/m MGOe kJ/㎥ %/℃
湿式異方性
(4材)
3.75-4.00 375-400 3.14-3.44 250-274 3.26-3.58 260-285 3.4-3.9 27-31 -0.20 450
湿式異方性
(6材)
4.10-4.30 410-430 3.65-3.95 290-314 3.85-4.15 306-330 4.0-4.4 31-35 -0.20 450
フェライト磁石
ご注文はこちら