サマコバ磁石

サマコバ磁石の特長

希土類元素のサマリウムとコバルトで組成されています。サマリウムコバルト磁石は、ネオジム磁石に次ぐ高い磁気特性を持っています。ネオジム磁石と比べて、錆びにくく、高温に強いという利点があります。反面、硬度が高く割れやすいので、慎重に扱う必要があります。耐熱性が高い特徴を利用し、主にセンサ部品、医療機器部品等に利用されています。

サマコバ磁石

こんなところにサマコバ磁石

サマコバ磁石はネオジム磁石に比べて、工作温度の上限が非常に高いという特性を持っています。 そのため、高温環境下での使用に適しています。 例えば電子レンジやオーブンといった家電製品から、車載用磁石・各種アクチュエータなどの工業製品まで、その利用は多岐に渡ります。 高温になっても減磁しにくい特性を生かし、電子レンジ内のマグネトロンという真空管に使われたり、 車載用としてはモーター・イグニッションなどに使用されています。

サマリウムコバルト磁石 SC28 温度差による減磁曲線比較

サマコバ曲線図1

サマリウムコバルト磁気特性

素材
グレード
残留磁束密度
(Br)
保磁力
(Hcb)
保磁力
(Hcj)
最大エネルギー積
(BH)max
温度係数
(αBr)
耐熱工作温度
(Working
Temp)
キュリー温度
(Curie
Temp)
kG mT kOe kA/m kOe kA/m MGOe kJ/m3 %/℃ ℃ (H/D =0.7)
18 8.5
~9.0
850
~900
8.3
~8.8
660
~700
≧15 ≧1194 16
~18
127
~143
-0.05 ≦250 700
22 9.2
~9.6
920
~960
8.9
~9.4
710
~750
≧15 ≧1194 20
~22
160
~175
-0.05 ≦250 750
24 9.5
~10.2
950
~1020
8.7
~9.4
700
~750
≧18 ≧1433 22
~24
175
~191
-0.03 ≦300 800
26 10.2
~10.5
1020
~1050
9.4
~9.8
750
~780
≧18 ≧1433 24
~26
191
~207
-0.03 ≦300 800
28 10.3
~10.8
1030
~1080
9.5
~10.0
756
~796
≧18 ≧1433 26
~28
207
~220
-0.03 ≦300 800
30 10.8
~11.0
1080
~1100
9.9
~10.5
788
~835
≧18 ≧1433 28
~30
220
~240
-0.03 ≦300 800
26H 10.2
~10.5
1020
~1050
9.4
~9.8
750
~780
≧25 ≧1990 24
~26
191
~207
-0.03 ≦350 800
28H 10.3
~10.8
1030
~1080
9.5
~10.0
756
~796
≧25 ≧1990 26
~28
207
~220
-0.03 ≦350 800
30H 10.8
~11.0
1080
~1100
9.9
~10.5
788
~835
≧25 ≧1990 28
~30
220
~240
-0.03 ≦300 800

当サイトで提示しております数値は、代表値であり、保証値ではありません。より詳細な数値をお知りになりたい場合は、トップページのバナー『磁気計算シミュレーション』をご利用ください。ご利用の環境に則した近似値をご確認いただけます。

 

ご購入をお考えの方は下記バナーを押してください。販売サイトへリンクします。

サマコバ磁石
販売サイトはこちら